珊瑚ってなんだろう?

珊瑚ってなに?

先日沖縄へ旅行へ行った際に海で大量の珊瑚を見る機会がありました。
生きているものではなく、死んだ珊瑚が貝殻のように砂浜にあったのです。
そこでふと気になったのですが、珊瑚とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?
植物ではないことは知っていますが、具体的にどのようなものなのか調べてみました。

珊瑚って生きてるの??

珊瑚は石のように見えますが、生物です。
私達が珊瑚だと認識しているのは実際には珊瑚そのものではなく、いわば珊瑚のすみかのようなものらしいです。
例えるなら鉢の巣みたいなイメージでしょうか?
珊瑚の住まいの形は一律で決まっているものではなく、珊瑚の種類によって形が変わります。
専門家はそのため珊瑚の形を見て珊瑚の種類を細分化しているそうですね。
先ほど珊瑚の巣を蜂の巣と例えましたが、珊瑚もやはり蜂のように住居の中に複数の数が集まって生活しています。
基本的には家の中で暮らしており、食事が必要なときには海を流れてくるプランクトンなどを食べて生きています。

珊瑚ってどんなもの?

海の中で私達が見ることの出来る珊瑚礁は珊瑚の家の集まりということですね。
では私は見た砂浜にあった珊瑚はというと、もちろん生きているものではなく家の部分だけが砕けて波によって流されてきたものになります。
珊瑚の家は珊瑚だけが使っているわけではありません。
小さい魚達にとっては珊瑚の付近は丁度いい隠れ家です。
そのため海の珊瑚礁の回りには美しい魚達がたくさんいる訳ですね。

ちなみに珊瑚に限らず沖縄の海にあるものは勝手に持ち帰ってはいけないらしいです。

シェアする

フォローする

<広告>

スペシャルティコーヒー・ゆう珈琲のお試しセットの写真です